介護施設の違いって何?

特別養護老人ホーム

公的な要素が強い特別養護老人ホームは、「特養」や「介護老人福祉施設」と呼ばれることも多いです。主に自治体や社会福祉法人が運営を行っています。原則として要介護3以上の認定を受けている、比較的重度の状態の方が入所する施設でもあります。

特別養護老人ホームの仕事内容としましては、入浴や排泄、移動の介助といった身体介護がメインとなってきます。前述した通り、比較的重度の状態である利用者が多いため、身体介護が重要な仕事であることは確かですが、介護資格を持っていないと身体介護を行うことが出来ません。しかし、介護資格を持っていなくても特別養護老人ホームで働くことができます。それは要介護者に触れない仕事を任されるからです。そのため、特別養護老人ホームでは無資格の人の求人を随時募集しているのです。これは特別養護老人ホームに限らず、他の介護施設も同様となっています。

比較的重度の状態の利用者が多いとされる特別養護老人ホームは、公的な要素が強い介護施設です。身体介護をする場合には介護資格を持っている必要がありますので、特別養護老人ホームで働きたいと思っている人は、介護資格を持つことによって職場で輝ける存在となれます。