介護施設の違いって何?

介護施設について

超高齢社会に加えて少子化も進んでいる日本は、介護施設の需要が高まっています。そのため、介護施設で働きたいという人もいると思いますが、気をつけたいのはその介護施設の種類です。自分の望むような働き方が出来る介護施設を選ぶことで、その後の人生の幸福度が変化します。介護施設の特徴はどのようなものがあるのでしょうか。

特別養護老人ホームは公的な要素が強い施設となっています。原則として要介護3の人が入居してくるので、仕事の内容は日常生活の介助などの身体介護が多くなってきます。しかし、身体介護は介護資格を持っていないと行うことが出来ません。無資格でも特別養護老人ホームで任せてもらえる仕事はありますが、より特別養護老人ホームで必要とされる人間になるには介護資格は必須です。

また、有料老人ホームには「介護付き有料老人ホーム」と「住宅型老人ホーム」の2種類があります。介護付き老人ホームは介護サービスが付いていますが、住宅型有料老人ホームには付いていません。そのため、住宅型有料老人ホームで介護サービスを受けるときには別途、契約をする形態となっています。入居条件も違うため、働く職場のスタイルは比較的変化するという特徴もあります。

介護の世界で羽ばたこうとする人に役立つページを作成しました。介護業界では新しい人材を求めています。どのような職場であなたが働くのか選ぶ参考になれば嬉しいです。是非とも最後まで読んで、あなたの未来を開いてください。


【当サイト参考リンクの紹介】
介護の世界で働きたいときに役立つのが、介護業界の求人サイトです。こちらのサイトでは、無資格の方でも応募できる介護の求人を多く掲載しています ⇒ 介護 求人